空き家になっている不動産のご相談はななみ都市開発まで

どうして空き家が存在するのか?売りたいお家がある場合はななみ都市開発に相談しましょう。 - 深刻化している空き家問題の当事者にならないために

深刻化している空き家問題の当事者にならないために

guliug
近年では法律も出来たくらいに問題が深刻化している空き家問題。
空き家とは、読んで字のごとく、人が住んでいない家のことを指しています。
2014年のデータでは、日本全国でこの空き家になっているのが、13.5パーセントとなっており、更に増えている状況です。

空き家の活用であったり、空き家の取り壊しといった対策が過疎化が進んでいる地方自治体を中心に行われているという動きも見られているのです。
ここでは空き家について紹介していきましょう。

空き家が誕生するパターン

そもそもどうして空き家が誕生するのでしょうか。
一つは賃貸前の物件であるというパターンです。
そろそろ老朽化が目立つワンルームマンションやアパート。
やっぱり出来れば、綺麗な場所に住みたいだとか、人気のある場所に住みたいと思うのは当然ですよね。

少子化によって、一人の子供に対してのエンジェル係数なんてものが上がっていることから、家賃が安くても、そもそも学生の絶対数が足りない状況であり、前述にある通り、一人の子供に掛けられるコストも十分にあるといった状況だから借り手がおらず空き家になってしまうというパターン。

他にも地方エリアの一戸建て。
ローンを組んででも、自分の土地と建物を手に入れた方が結果的に安いという意見が多いため、誰も借りない状況になり、結果空き家となる。
更に借り手の権利が強いこともあって、賃貸契約を結ぶまでに多大な苦労が必要になるといったパターンです。

更に核家族化して自身ではマイホームやマンションなどを購入しているのに、両親などがなくなり、相続して保有している戸建て。
思い出を整理する時間はないし、全部なくしてしまうのも忍びないとして結果として賃貸や販売にまで踏みきれず、結果として空き家になるというパターン。

購入した時の高値が忘れられず、現在の価値は低いのに、絶対にこの金額以下では売りたくない。
結果、空き家になるというケース。

経年劣化した建物があり、更地にして売りたいけれど、それをすると足が出てしまうから、何も手を出さず放置をして、結果、廃墟状態になってしまっている空き家というパターンも挙げられます。

空き家が多いエリア

どうして空き家になるのかは、人口の減少率と密接な関わりを持っています。
地方の過疎化が進み、都会への人口の一極集中があることから、空き家問題は地方問題と片付けてしまっている方も少なくないのです。
しかしながら現状では、東京都で81万7100戸。
大阪府でも67万8800戸、神奈川でも48万6700戸。
そして愛知県でも42万2000戸の空き家が存在しています。

全体の空き家数が820万戸と言われているため、前述にあげた4都府県だけで全体の29パーセントにも達しており、都市圏の方がむしろ空き家問題が深刻化しているという状況なのです。

なぜ空き家がなくならないのか

どうして空き家がなくならないのでしょうか。
前述に挙げたパターンでどうして空き家が出来てしまうのかというメカニズムは把握することが出来たでしょう。
それではなぜなくならないのか。
答えは単純明快です。

空き家でも売りたくないと渋っているか、もしくは、売りたい気持ちは満々なのに、売れないからです。
更地にすると購入者は自由にその土地に建造物を建てられるため、建屋があるものよりも、売れる可能性が高まります。
なぜそうしないのかというと、解体コストが掛かることの他にも、土地の上に住宅が建っていれば、固定資産税が本来の6分の1に抑えることが出来るからということも挙げられます。

このため、更地にしても売れない場合には、コストばかりが掛かり、利益が生まれないどころか、土地を売ることで損をしてしまうかもしれないわけですから、そのままの状態にしてしまい、結果空き家化するわけです。

売れない物件の特徴

売れない物件の特徴としては、どうみても廃墟にしか見えない戸建てが建っている場合。
他にも既存不適合状態の建屋が建っている土地。
築年数が不明で、古屋付きの借地権物件。
土地に関しては、そのエリアの地主が持っていて、絶対に譲るつもりはなしなんてパターン。

こういった条件の土地は、素人目で見ても、誰も買わないだろうということが予測出来ないでしょうか。
しかしながら、様々な考えの人間が存在しており、ガンとして売れない条件を改善しないままに、目先の利益などを優先しているわけです。

空き家問題の当事者にならないためにも

このような深刻な空き家問題の状況に陥っているわけですから、もしもこのような物件を持っている場合には、その当事者になってしまわないようにしましょう。

ななみ都市開発のような専門の不動産業者に相談をすれば、売りたくても売れないという状況が改善出来る案を提供してくれます。
その上で、十分に売り手などにも利益がなるべく出るような対策を講じてくれますから、まずは電話などをして相談してみてはいかがでしょうか。

こういった業者が持っているノウハウや知識は、素人では考えつかないような素晴らしいものが多いのですから。

更新情報